ビットコイン取引所を決める時のポイントとランキング - ビットコイン取引取引所ランキング

取引所のおすすめランキング

ビットコイン取引所を決める時のポイントとランキング

▼ 目次

取引所を決める時のポイントは?

ビットコインをはじめてみたいと考えているけど、どこではじめるのが良いのか、たくさんの取引所があるので悩んでしまう方も少なくないです。
確かに日本国内だけでもたくさんの取引所が存在しているので、迷ってしまうのも仕方のないことと言えます。

そこで、何を基準に取引所を選べば良いのかというと、主なポイントは会社の安全性・セキュリティ・取引の種類・取扱商品の豊富さ・手数料・使いやすさの6つです。
また、ビットコインの取引所ランキングというのを参考にするのもひとつの方法で、ランキングを見る際にもこの6つのポイントを重視すると良いです。

ポイント1:会社の安全性

世界最大級のビットコイン取引所が経営破綻した事件やビットコインが不正引き出しされる事件などがあることから、不安を感じてしまう方も少なくありません。
しかし、技術的に大きな欠陥が発生したために事件が起きているわけではなくて、社長の不正利用や取引所システムの脆弱性が問題で発生しているのです。
つまり、ビットコインがいくら技術的に安全性が高いと言える存在であっても、取引所自体に問題があると安心してお金を預けることはできないと言えます。
スタート当初よりも確実に規制が厳しくなっていますし、各取引所のセキュリティも強化されていることは確かですが、それでも絶対はありません。
ですから、取引所を運営する会社に問題がないのかなど会社の安全性を、しっかりと確認することは必要不可欠と考えられます。

ポイント2:セキュリティ

ビットコインの技術が優秀でも取引所に問題があると安心できないので、会社の安全性を確認することが大事と言いましたが、それと同様にセキュリティも注目すべきポイントです。
いくら信頼できる取引所を利用したとしても、自分の管理の仕方次第ではビットコインを不正に盗まれてしまう可能性も考えられます。
例えば、取引所のログインIDとパスワードを盗まれて不正にログインされて、盗まれてしまうこともあるのです。
もちろんそう頻繁に起きることではありませんが、それでも不安は残ることですし必要以上に緊張感が続くことは大きな負担になってしまいます。
そこで、個人の注意が及ばない状態の場合でも資産を守ってくれる二段階認証や補償サービスなど、様々なセキュリティサービスを実施している取引所を選ぶことも必要です。

ポイント3:取引の種類

ビットコインを売買するといっても、実は様々な取引パターンが考えられることで、最も一般的なのは現物取引でお金を使用してビットコインを買う・売るといった普段の買い物と同じ感じです。
これ以外にも自分を信用してもらうことにより所持しているお金以上に取引をする信用取引と呼ばれる取引方法もあります。
この信用取引ができると少ない資金でも大きな取引が可能になって、取引所からビットコインを借りて売り、後で買い戻すことにより差額を狙うという空売りができます。
こうなると取引の幅が広がるというメリットがあるので、どのような取引の種類が利用できるのかをチェックすることもポイントになります。

ポイント4:取扱商品の豊富さ

仮想通-貨と呼ばれるものには種類があって、最も有名で時価総額のビットコインをはじめ、契約情報を分散型台帳技術で記録するイーサリアムや予測市場プラットフォームのリップルなどがあります。
どの仮想通貨を取り扱っているかについては取引所で大きく異なるので、変化の激しい市場でチャンスを逃さないためには、様々な通貨をいつでも買える状態にしておきたいものです。
その点を考えると取り扱っている通貨の種類も、取引所を選択する重要な判断基準のひとつになります。

ポイント5:手数料

取引をするたびに手数料が必要になるので、せっかくビットコインを売買するなら、できる限りお得に取引したいものです。
その点を考えると手数料も取引所を選ぶ際の重要なポイントになると言えます。
ちなみに、取引所によっては取引をするとお金がもらえるといったマイナス手数料を設定しているところもあります。

ポイント6:使いやすさ

取引所によって相場の一覧が見られなかったり、パッと一見しただけでは情報が把握しづらかったりと、取引所によって使い勝手には大きな違いがあります。
日々使用する場合には、こうした小さな不便であってもストレスになってしまう可能性があるので、できる限り使いやすい取引所を利用したいものです。
また近年ではスマホをメインにして閲覧や取引をする人も多くなっているので、スマホ対応に関しても注目すべきポイントになると言えます。

複数の取引所を利用することがおすすめ

取引所を一つに決めて資金を集中させておくよりも、リスク分散を考えると複数の口座持つことがおすすめです。
また、様々な通貨を取引できる状態にするためや、複数に分けた方が補償額の合計が高くなるなども複数の利用をおすすめする理由です。
先に触れたポイントを目安にして、ランキングから好みに応じて2〜3つの取引所を選んで利用すると良いです。